DSC_0043




-------------------
京王井の頭線 三鷹台駅前


淡「…おそい」
淡「あれー?おかしいなあ」
淡「駅を間違えた?」

DSC_0005




淡「京王井の頭線の三鷹台駅」
淡「あってるよね?」
淡「んー?」キョロキョロ


淡「こっちから来るのかな?」
淡「んー?」キョロキョロ



DSC_0002


真佑子(歩道橋の下からこっそりと…)

DSC_0006



淡「んー?」キョロキョロ

真佑子(かわいいなあ)ニヘラ

淡「あ、来た来た。おーい」

真佑子(え…?)

灼「おまた」
春「おひさ」
淡「もー、遅いよー」

真佑子(え?え?)

淡「よーし!じゃあ早速しゅぱーつ!」
灼春「「おー」」

淡「真佑子も隠れてないで行くよー」
淡「っていうかそっちに行くんだけどね!」

真佑子「気づかれてたー!?」ガビーン
灼春「「おー」」パチパチ

真佑子「ネタじゃないよ!?」


-------------------

淡「今日は松庵を散策します!」
真佑子「わたしの学校があると思われる場所だね」
淡「まさに!」
春「なんでわたしが呼ばれたの?」ポリポリ
淡「えっとね~、後で出番があるからです!」
淡「あと、解説してほしいこととかもあるかなー」
春「出来ることなら協力する」
淡「任せたぞ!」
真佑子「偉そうに…」

灼「わたしは…」
淡「うふふー。あらた先輩はねえ。ナイショ!」
灼「なにか嫌な予感がす…」
淡「だいじょーぶ!おいしいから!」
灼「不安…」

真佑子「わたしは通い慣れてる風じゃなくて良いのかなあ?」
淡「その辺は任せる!」
真佑子「えー?じゃあ、通い慣れてる風にするよ」
淡「ふふふ。元ネタが間違ってた時はよろしくね!」
真佑子「なにもできないよ!?」

淡「歩道橋を降りると線路があってー」
淡「振り向くと!」


DSC_0008



淡「なんか作品に出てきそうな場所!」
真佑子「えー?そう?」
淡「イメージイメージ!遠近感あるし!」
灼「高低もほし…」
淡「ま、序の口序の口。くるっと振り向いてー」
淡「左へゴー!」アッワイアッワイ


-------------------
立教女学院 坂下門前

DSC_0011



淡「すぐそこなんだけどね」
春「立教女学院…」
淡「真佑子の学校は?」
真佑子「松庵女学院」
淡「だいたい同じ!」
真佑子「そういうことなのかなあ」

淡「立教女学院。松庵女学院」
淡「ほら!もうどっちがどっちだか分からなくなった」
灼「確かに…」
真佑子「えー!?」ガビーン!

春「早くも2回目」パチパチ
真佑子「やめてよ」

淡「写真撮影していいのかなあ?」
灼「わからな…」
淡「あ、守衛さんがいる。女の人なんだね!」
淡「流石女学院!聞いてこよー」アッワイアッワイ
真佑子「えっ、なにその行動力は」

……………。
…………………………。

淡「敷地外からならどーぞだって」
真佑子「へえ。良いんだね」
淡「ここは真佑子の学校って設定だからね。忘れないでね」
真佑子「ああ、そうか。良いんだよ撮影しても」
淡「よっしゃ!はるるいけー」
春「了解」パシャシャシャシャシャシャ
真佑子「やりすぎやりすぎ!」

DSC_0012



-------------------
立教女学院 外周

淡「そのまま建物沿いに歩きまーす」アッワイアッワイ
春「はーい」ハッルルハッルル
灼「はーい」アッラタアッラタ
真佑子「なんで皆してスキップするの…?」
淡「お天気が良いから!」アッワイアッワイ
春「晴れて良かった」ハッルルハッルル
灼「ん?はるちゃん?」アッラタアッラタ
春「なあに?」ハッルルハッルル
灼「そっちの春ちゃんではな…」アッラタアッラタ

真佑子「鬱陶しいよ!」
真佑子「なんかもうとっちらかっちゃってるよ!」
真佑子「あと意外に歩道狭いから注意してよね!」

淡「あ!ほらほら見てー」
真佑子「全く聞いてない…」

DSC_0017


淡「ここは既に松庵1丁目なのだ!」
灼春「「おー」」パチパチ
真佑子「恥ずい恥ずい」


-------------------
立教女学院 正門前

DSC_0018


淡「そのまま交差点を左へ曲がってー」
淡「ここが正門かな?」
真佑子「分かんない」
淡「設定設定」
真佑子「あ、そうか。そうだよ!正門だよ!多分…」
淡「あ。また守衛さんだ。写真撮りまーす!」
真佑子「雑雑」
春「…」パシャシャシャシャシャシャ

DSC_0021



灼「…」パシャシャシャシャシャシャ
DSC_0023


真佑子「ダブルで!?」ガビーン!
淡灼春「「「おー」」」パチパチパチパチ
真佑子「トリプル!?」

DSC_0019

真佑子「天使園!?」ガビーン!
淡「あー、そこは触れない方向だねー」
真佑子「えっ」
春「そこに触れると天使に…」
真佑子「えっ」
灼「にげ…」ダッ
春「やべ…」ダッ
淡「逃げるぞ!ダッシュでな!」ダッ

真佑子「ま、まってー!」

真佑子「あ…」ピタ
真佑子「最後に一枚撮っておこう」クルリ

パシャ

真佑子「来年はきっと勝つからね…」

オーイマユコー

真佑子「はいはーい!」

DSC_0025


-------------------
松庵2丁目 路上

淡「まあ目的は達成した訳ですが」
真佑子「えっ、これだけ?」
淡「うん。ま、とはいえこれで帰るのもあれなのでー」
淡「もうちょっとお散歩を続けるよ!」
真佑子「目的も無く…?」
淡「フッフッフ。それはねー、あ!」


DSC_0027


淡「松庵2丁目です!」
灼春「「おー」」パチパチ
真佑子「毎回やるの!?」ガビーン!

淡灼春「「「毎回やるの?」」」

真佑子「やるんだよ!」

……………。
…………………………。

淡「お、右手にまた良いロケーションかも!」

DSC_0030


淡「ひゃー、まぶしー」
真佑子「左の木が裸なのが惜しいねえ」
灼「花が咲いていたら良い感じ…」

春「…」ピシッ…

淡「ん?はるるどうかした?」
春「こっち…」

-------------------
謎のモノ

DSC_0032


淡「…なにこれ?」
灼「…ちょっとおかし…」
淡「え?なにが?」
真佑子「写真じゃよく見えないけど…」
真佑子「ビニールハウスの前にもフェンスがあるよ」
灼「四方がフェンスに囲まれて…」
春「どこからどういっても辿りつけない」
淡「…あれ?本当だ」
淡「…」

淡「逃げろ!」ダッ
灼春「「ダッシュでな!」」ダッ

真佑子「またー?」

真佑子「普通に周辺の改装工事だけっぽいけどなあ…」


-------------------
松庵小学校 通用門前

DSC_0033



淡「あ、小学校だー」

DSC_0034


淡「写真とりまーす!」
真佑子「誰もいないよ!?」

灼春「「…」」パシャシャシャシャシャシャ

真佑子「息ピッタリだな!?」

淡「お、通用門を背にすると…」

DSC_0035


真佑子「ん?なに?T字路が好きなの?」
淡「違う違う!これこれ!」トテテ

DSC_0037


淡「ね!?」
真佑子「え?なにが?」
淡「もー!ここは杉並区!でも…」

ピョーイ

淡「ほら!こっちは武蔵野市!」

真佑子「あ、ああ…」
淡「杉並!武蔵野!杉並!武蔵野!」ピョンピョンピョンピョン
淡「はるるはるる!武蔵野のわたしと握手だ!」
春「区にいるわたしと握手をするだと…?」
淡「むむむ。そういうこというヤツは市民にしてやる!」
春「わー。区民がコンマ数秒で市民に…」
灼「ふははは。お前ら全員市民なのだー」ドーン
淡春「「うわー」」

キャッキャ

真佑子「…。し、小学生レベル…!」
真佑子「行政的にはどうなんだろうな…」
真佑子「市の方が便利なことも…」

淡「おいお前ら!あすこに市に入らないヤツがいるぜ!」
春「やってやんよー」
灼「おらおらー」

真佑子「うわうわうわ引っ張らないでー」

キャッキャ


-------------------
松庵3丁目 松庵小学校裏門前

淡「はー、楽しんだわー」
春「東京の闇に触れた」
灼「はしゃぎすぎたかも…」
真佑子「30分はやりすぎでしょ」
淡「真佑子もおもしろがってたじゃんかー」
真佑子「そ、それは、ちょっとは面白かったけど…」
淡「ほらー」
真佑子「もういいから!それでどっちへ行くの!?」

淡「小学校にそって右へまいりまーす」

淡「するとー、小学校の裏門があってー」

DSC_0041


淡「すぐ側にバス停!」




DSC_0043


淡「さらになんと…」
淡「既に松庵3丁目に来ているのだ!」

DSC_0044


灼春「「おー」」パチパチ
真佑子「もういいから!」
淡「なんだよー、これで最後だったのにー」
真佑子「あ、そうなの?」
淡「うん。今日はこの後、2丁目1丁目に戻っちゃうからね」
真佑子「ふぅん」


-------------------
五日市街道

淡「そしてこの五日市街道にはなぜか…」
淡「西荻窪のとあるお店の広告が目につくのだ!」
真佑子「へええ」
淡「設定設定」
真佑子「もう良くない?」
淡「もー、付き合い悪いなあ」
真佑子「だってさあ」
淡「あ!ほらほら!これ!」

DSC_0045


淡「こればっかりなのだ!」

灼「…」

春「…」チラ
真佑子「…」チラ

灼「…え?」

春「…フフ」
真佑子「クスッ…」

DSC_0048


淡「ほら!電柱という電柱に…」
灼「もしやこれだけのためによ…」
淡「はい!」
灼「お…」
淡「面白かった?」ニコニコ
灼「…」
淡「ねー」ニコニコ
灼「…はぁ。面白かった」ナデナデ
淡「うふふー。やったー」ニコニコ

真佑子「甘やかさない!」
真佑子「もう。白糸台はなにをやって…」

照「淡」
淡「え!?て、テルー?」
照「呼ばれた気がして」
真佑子「うわ、なんで宮永さんがここに…」
照「通りすがり。気にしないで」
真佑子「ピンポイントで!?」

照「淡。このお店はとんでもなく有名」
照「広告がこんなにある意味を考えると良い」
照「老舗中の老舗。ケーキが至高。とてもおいしい」
淡「へ、へええ。そうなんだ」
照「名前や見た目で侮ると痛い目を見る」
照「気をつけるように」
淡「あ、うん。分かった!」
照「うん。それなら良い。それじゃあ」ノシ

淡「う、うん。またねー」ノシ

春(迷子だろうな)

-------------------
西高井戸松庵稲荷神社

淡「サプライズもありましたが…」
淡「そのまま東へ行くと…」

DSC_0049

淡「松庵稲荷神社!」

DSC_0050

淡「はるる解説よろしくー」
春「えっ…」
淡「任せたぞ!」
春「えーっと…」
DSC_0051


春「…」キョロキョロ
春「あ、まず右手の方で御手水をとって…」
淡「ふんふむ」
春「やり方は大体書いてある通りに適当に」
真佑子「適当!?」
春「それで良いの」
淡「あ、本当に書いてあるねー。えーっとまずはこうして…」

DSC_0053


春「二礼二拍手一礼を…。あ、左に書いてあるね」
淡「ふんふむ」
春「大体で良いよ」
真佑子「そんなもの?」
春「そんなもの」

DSC_0058

春「それで、まあ帰る時に一礼するくらい?」
淡「ふんふむ」
春「また来るねーとか、ありがとーとか」
淡「ありがとー!また来るねー」ノシ
春「完璧」
淡「わーい」アワー
真佑子「そんなものなの?」
春「そんなものです」

淡「それでそれで?」
春「ん?」
淡「ここはどういう所なのかな?」
春「お稲荷さん」
淡「それはわかるよー」
春「後は各自で調べるように」
淡「ちぇー、はーい」

真佑子「納得するんだ!?」ガビーン!


-------------------
帰路

淡「堪能したなあ」
真佑子「あれで?」
淡「わたしは普段行かないしさあ、ああいうところ」
真佑子「まあ確かに…」
灼「後は帰る…?」
淡「ま、ねー。南下するよー」
淡「ただせっかくだから、来た時とは違う駅へ向かうよ!」


-------------------
久我山稲荷神社

淡「あら不思議。なんとここにも」
真佑子「またお稲荷さん!?」

DSC_0062

淡「ここは別に調べて無かったんだけどなあ」
真佑子「あ、そうなの?」
淡「うん。あることすら知らなかったよ」
真佑子「その割に迷うことなく辿り着いたけど」
淡「いや、正直適当に歩いてたんだけどさあ」
真佑子「適当!?」
淡「不思議なこともあるものだねえ」
春「さっきの元気な挨拶が気に入ったのかもね」
淡「そっかー」
淡「また来たぞー!」アワー
灼「あるの?実際そういうこと?」
春「…たまにね」

DSC_0064

淡「へえ。さっきとはまた違った雰囲気だねえ」キョロキョロ

DSC_0065


淡「あ、なんか凄そうなのがある!」トテテ

DSC_0071

淡「ひゃあ、まぶしいー」

DSC_0070

淡「はるるこれは?」
春「庚申様…」
淡「おこしんさま?」
春「お稲荷様とはまた違った信仰」
淡「へええ。珍しいの?」
春「一緒にあるのは、ね」
淡「じゃあ得したね!」
春「うん。そうだね…」

DSC_0072


淡「ありがとー!また来るねー」ノシ
真佑子「フフ。またお稲荷さんにお呼ばれしちゃうかもよ」
淡「皆と一緒だったら良いよ!」
真佑子「…うん。そだね」
淡「ねー」アワー


-------------------
久我山駅周辺

淡「あー、もう駅が近いかな?」
灼「そうみたい…」
淡「まだ2時間ちょっとしか経ってないんだねえ」
真佑子「1万歩くらいかな?」
春「ちょっと長いお散歩程度だね」
淡「うん!なら計画通りだね!」
真佑子「だったら良かった」
淡「お!最後になにやら…」

DSC_0073


淡「ほ…て?い?春!」
淡「はるるがいたね!」
春「ここは…なんだろう」

DSC_0074


灼「きもの…。呉服屋か何か…」
淡「和服!はるるにぴったりだねー」
春「そうだね」
淡「ねー」

-------------------
久我山駅 北口

DSC_0077


淡「そして到着!」
真佑子「松庵探訪終了だね」
淡「1回目はな!」
真佑子「1回目?まさか2回目もあるの?」
淡「今回はほぼ何も調べない状態で行ったからさー」
淡「こういうところ見た方が良いとか」
淡「こういうところを見たい!とか意見があればさー」
淡「そこに行っても良いかなって」

真佑子「そっかあ」
淡「その時はまた集まってね!」
春「分かった」
灼「良いよ」
真佑子「良いんだ!?」ガビーン!

淡灼春「「「おー」」」パチパチパチパチ

真佑子「もういいよ!」

カン!

照(あ、駅だ)
照(淡達の後をこっそりつけてきて良かった…)ホッ

もいっこカン!