くろもちです。

掲題の通り。
龍門渕高校って、とてつもなく魅力に溢れてるなあと思いまして。

昨年のIHにおいて
レギュラー5人のみの編成で(アニメでは歩ちゃんがいましたが)
そのレギュラーはなんと全員1年生
名門風越女子を破りIH出場を決め
たった二試合でIH史上最多獲得点数をマークし大会MVPに輝いた天江衣と
その脇を固める四天王
だったが準決勝副将戦にて他校が飛ばされたためその時点の点数から決勝進出ならず…。

ふんふむ。
やっぱり格好良いですよ。

決勝進出できなかったのがまた良いじゃないですか。

さらに龍門渕高校のファミリー感がたまらないですね。

お父さんが誰かは置いておいて オウ ジュンニキィ!

咲日和での大活躍も素晴らしい。
いや、すばらです(言いたかった)。

まあ、この龍門渕高校を破った清澄高校の強さたるや…。
と言ったところでしょうか。

メタ的に考えるのはあまり好きじゃありませんが
主人公清澄高校に立ちふさがる強敵として
おそらく考えられたのであろう龍門渕高校ですが
非常に魅力ある子たちであることには違いありません。

咲-Saki-の新シリーズとして
「シノハユ」が間もなく開始しますが
確定情報を見るまで
わたしとしては龍門渕高校の昨年のIHと今年の県大会までを
一つの作品として見たいなあと思ってました。

また、衣を筆頭に龍門渕高校のメンバーは
勝負に負けても格が下がっている訳ではないことも
特筆すべき点ではないでしょうか。

多々ある考察、ファンサイトなどでも良く見るのですが
最強チームを考えようとかオールスターチームを作ろうとか
そんな妄想をふくらませた時に

先峰 宮永照
大将 天江衣

この二人はポジション含め固定されている方々が多いように見受けられます。

悲しいかな阿知賀編の最終回近く
その勝敗や試合内容から
数々のブログや掲示板サイトなどでは
誹謗中傷、荒らし、キャラdisが巻き起こり
もはや議論ではない罵り合いが頻発しておりました。

しかし龍門渕高校においては
そのメンバーの背景とともに
試合経過、内容もしっかりと作品中に描かれていたがために
試合に負けていたとしても
その格までも貶められることは無かったのかなと思います。

全国に入ってから
咲-Saki-本編、阿知賀編も含め
作品中に明確に描写されない部分が増えてきているように感じます。

できれば小林先生に全てを明記してもらいたいところですが
仮にそうでなかったとしても
あんなに可愛い子たちが頑張ってるのだから
見ていて悲しくなるような暴言などはしないでほしいなあと思うのです。

なんか話がずれてきているような気がするので
何が言いたかったかというと

国広はじめちゃん可愛い

ということです。
うん。

最後になりますが
咲-Saki-まとめアンテナさんに掲載していただきました。
ありがとうございます。
これからもよろしくお願いします。